藤沢在宅クリニック、藤沢市南藤沢、在宅医療、頭痛外来、認知症外来

藤沢在宅クリニック

専門外来(完全予約制)

認知症外来(毎週日曜日の午前中のみ)

認知症外来(毎週日曜日の午前中のみ)

認知症外来では、日本脳神経外科学会専門医の院長による認知症の相談・アドバイス・投薬治療などを行います。
画像検査については、近隣医療機関などにて受けて頂きます)
認知症の周辺症状などで困っている方はお気軽に一度ご相談ください。
--------------------------------------------------------
◆受診方法
お電話でご予約下さい。
電話:0466-50-2399

頭痛外来(毎週日曜日の午前中のみ)

頭痛外来(毎週日曜日の午前中のみ)

当院の頭痛外来では、日本頭痛学会専門医の院長による、慢性頭痛(片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・薬物乱用頭痛など)のご相談治療を行っております。特に群発頭痛については下記の神経ブロック治療を行っております。
頭痛外来は完全予約制です。

◆群発頭痛について
 目の奥をえぐられるような、場合によっては”ドリルで穴をあけられるような”とも例えられる激しい頭痛が夜間から早朝に起こります。自律神経の異常から、同じ側の眼の充血、流涙、鼻水も伴い、傷みの激しさからじっと休むこともできない場合もあり、そのような発作が一月ほどにわたり毎日起こります。比較的珍しい頭痛なので正確な診断がされないこともあり、正しい診断がつかず、長期に渡り苦しむ患者さんもいます。

◆群発頭痛の治療
 発作を止めるために、スマトリプタン点鼻・皮下注射や、酸素吸入を行いますが効かないこともあります。また、ベラパミルやステロイドによる予防的治療を行うこともあります。

・翼口蓋神経節ブロック
 当院では、1000例以上の治療実績をもつ院長による、翼口蓋神経節ブロックを行っております。
翼口蓋神経節ブロックとは、鼻の穴から2mmの内視鏡を使って鼻の奥にある翼口蓋神経節を粘膜上から局所麻酔でブロックする方法です。ブロックといっても針を刺す注射ではなく、麻酔薬を浸した小さな綿を鼻の奥につめてしばらく時間を置きます。ブロックの最中、多少の痛みが生じますが、麻酔薬の浸透とともに次第に和らいでいきます。治療効果は1~数か月でり、通常の群発頭痛の場合、1回の群発期はカバーできます。どれくらい効果があるかは個人差がありますが当院の院長が50人の患者さんの治療成績をまとめた論文では、頭痛の強さは平均して半分以下となりました。

●論文:米田 浩基、他
【群発頭痛に対する4%リドカインを用いた経鼻内視鏡的翼口蓋神経節ブロックの有効性】頭痛学会誌、2010年、36巻3号、P255-
--------------------------------------------------------
◆受診方法
頭痛外来は完全予約制です。お電話でご予約下さい。
電話:0466-50-2399

藤沢在宅クリニック

藤沢在宅クリニック

〒251-0055
神奈川県藤沢市南藤沢17-16
秋山ビルⅡ 201号室

Tel.0466-50-2399

診療内容

内科・在宅医療・頭痛外来
認知症外来